RECボタンで大爆発

フリーランスで映像制作やってます。埼玉と映像機材と電気グルーヴを愛してます。

俳優・歌手・クリエイター、食えない問題

先日、とある仕事関係の友人と話を聞いて顎が外れそうになった。

「10年間付き添いをして、ギャラは一回ももらったことがない」

 

まったく別の場所で、それまた顎が外れそうにびっくりした。

「月に2万円だけもらって、週6で雑務をしている」

 

二人とも、俳優・歌手を目指している女性。

付き人としてとある有名人と共に生活をしている。

秘書的な立場でアポ取り・スケジュール管理などをせっせとしていた。

 

僕はてっきりその有名人の個人事務所の社員をして、固定給をもらっているのかな

と思っていたのだが、現実はまったく違った。

 

いわゆる芸能界などの花形の仕事ではよく噂される「付き人問題」

しかしこれは現代では古いのではないのかと、僕は声を大にして言いたい。

 

今自分自身がメディアになれる時代に、なぜ雑務だけをやりつづけるのだろうか。

自分のやりたいことが明確にあるのにも関わらず、そちらに努力をしないんだろうか。

 

二人の女性に共通することは「言われたらやるしかないと思った」ということ。

 

自分が尊敬する、さらには名誉のある賞などをバンバンもらっている人に

必要とされている、それだけで舞い上がって頑張り続けてしまう。

その気持ちは少しわかる。でも、でも、でも!!

 

確かに付き人をしないと見えない世界がある。

一緒にいたから体験できる世界がある。

でもそれは、自分の世界ではなく人の世界を借りているだけ。

 

求められると断れない。

やらないと空気がわるくなりそう。

 

そんなことで、一生を棒に振る必要ってどこにあるんだろう。

きっとあなたがいなくても、誰かが穴を埋めてくれるよ。

 

ーーー

僕自身も、今までいろんな人に迷惑をかけてきた。

自分のわがままを押し通すために、人の迷惑を考えなかった。

 

でもどうにかなってる。俺がそこにいなくても会社は回ってる、あの人は困ってない。

それが現実なんだと、僕は知った。

最後の責任は取るけど、自分のわがままを発信するのは大切なことだと思う。

 

人に迷惑をかけても、あとで帳尻を合わせる。

これができれば、ちょっと無理してでも良いんじゃないかなと思う。

 

ーーー

僕の友人は、仕事を辞めずに頑張ると言っていた。

体を壊しても「悪い雰囲気にするのが怖い」からだそうだ。

 

「絶対にやめたほうが良い!」と一度言ったが、

「まあ無理すんなよ」という言葉に変えた。

 

人の幸せはそれぞれだし、人の人生を決めるのは自分だと思う。

友人なので頑張れとは言えないが、無理しないでほしいと思う。