RECボタンで大爆発

フリーランスで映像制作やってます。埼玉と映像機材と電気グルーヴを愛してます。

クリエイターは結果こそが全てなのだ

今僕のパソコン環境はMacオンリーなんです。

 

特に考えはなく、学生時代持っていたパソコンはWinだったけど

職場にあったパソコンがMacだったから今持っているのもMacBookPro。

 

しかし最近になってWindowsがとても気になっている。

一昔前だったらMacじゃないと写真・映像製作はできない!と思われていたけど

今はもう関係ない。正直どっちでも良い。

 

僕の場合はクライアントによって環境やソフトを分けているので

なんでも使えないといけないんだけど、個人パソコンもWinにしてもいいかなって。

 

でもしかし、僕のようなCtoCのビジネスをしている人には、やっぱりMacがおすすめ。

なんといってもMacには、未だに「できるかっこいいやつ感」がある。

 

よくスタバでMacBookってww的なことを言われますが、

やっぱりそう言われるだけあって、マイノリティーなだけにカッコイイ感はある。

クリエイター同士でも、「Macですか?Winですか?」と挨拶代わりに聞かれる。

 

しかしもういいよ、そうゆうのはもういい。

最近思うのだけど、そうゆう外見ではなく、結果で勝負するべき。

成果物こそが実力だし、結果そのもの。作品を見てなんぼだと思う。

 

それまでの過程はもはやどうでもいい。

簡単に作れるソフトはたくさんあるし、逆にゼロから作れるものもある。

しかし、制作過程がどんなに大変だって、結果がクソならクソでしかない。

 

その点で考えるとMacかWinかなんてことは大切じゃない。

大切なのは、どちらが安上がりかなのだ!!(ドヤ顔)

 

そう、大切なのはコストパフォーマンス。

ビジネスでやる以上、それは大切。僕ら、趣味じゃない。僕、お金ない。(カタコト)

そうなると、やはりWindowsにかなうものはないのだ。

 

Macも考え方によっては安いハードだとも言われる。

しかしWinで同じようなスペックを求めれば半値で買えるとも言える。

 

どちらにせよ!

どうでもいいことなのだ!!(最後は投げやり